【公式】福岡市のワーケーションポータルサイト | W@F(ワフ)

Magazine

【宿・コワーキング・屋台ぜーんぶ割引】クリエイターズWEEK in 福岡を2/19~3/8に開催【エンジニア&デザイナーら限定9つの特典】

※※このイベントは、福岡県外にお住いのクリエイター(エンジニア、WEB,UI,UXなどのデザイナー、テック系ライター)が参加いただける滞在型イベントです(チェックイン時にお名刺が必要です)

【宿・コワーキング・屋台ぜーんぶ割引】クリエイターズWEEK in 福岡を2/19~3/8に開催【エンジニア&デザイナーら限定9つの特典】

“エンジニアフレンドリーシティ”を掲げる福岡市では、2023年2月19日(日)~3月8日(水)の期間、「クリエイターズWEEK in福岡」を市中心部のエンジニアカフェ(中央区天神1丁目15−30)を拠点に市内各地で実施いたします。

開催期間内であれば、いつでも自由に参加・退出できる、特典盛りだくさんのクリエイター向け回遊・滞在型のワーケーションイベントです。参加には事前申込が必要となりますので、ぜひ事前登録チケットを以下のページ(Peatix)からお申込ください。

▶︎所要2分!利用には事前登録(Peatix)が必要です

★9つの参加特典★
①人気ホテルがお得「クリエイター宿泊割」。連泊特典も
②お得にコワーキング施設利用「クリエイターco-work割」
③クリエイターと繋がりたい福岡の企業もオフィスを開放
④市内15軒の屋台で使える「屋台きっぷ」2,200円相当プレゼント
⑤ウエルカムドリンク1杯無料
⑥多拠点生活&移住相談デスクを設置
⑦クリエイターズ親睦会を市内飲食店で2月28日(火)に開催
⑧ふく♡こいマッチングイベントを3月2日(木)に開催
⑨抽選で1名様に「Happy Hacking Keyboard(HHKB)」を進呈

各特典プログラムはいずれも任意利用となります。ご自身の好みやご都合・ペースに合わせ選択・利用いただける回遊型ワーケーションを楽しめるのが、こイベントプログラムの魅力です。

★参加と利用の流れ★
【事前①】ご出発前に必ず、Peatixから事前申込チケットをご申請ください
【事前②】市内滞在応援WEBアプリ「ワフパス」で会員登録をお願いします(無料)
【到着後】福岡着後「エンジニアカフェ」でプログラムチェックインをお願いします
【滞在中】”9つの特典”を最大活用し、福岡を自由に満喫ください
【終了後】参加終了後、アンケートを送付しますので回答へのご協力をお願いします

各特典の詳細と、チェックインの方法、イベント概要については下記にてお確かめください♪

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「クリエイターズWEEK in福岡」各特典のご紹介
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  1. 人気ホテルがお得「クリエイター宿泊割」。先着10名限定の連泊特典も

福岡市中心部に位置する、ワーケターにも人気の博多エクセルホテル東急では、『クリエイターズWEEK in 福岡』の実施期間、参加者限定の優待割引宿泊プランをご用意しています。参加者は、基本料金から60%以上割引となる7,000円(税込・宿泊税200円別。土曜日泊の場合は10,000円)のご宿泊が可能です。※2月23~25日チェックインについては除外日となり、このプランの発売はありません。特別料金につき全国旅行支援との併用はできません。

このプランは、福岡市の滞在応援WEBアプリ「ワフパス」からのみご購入いただけます。ぜひこの期間のご来訪にお役立てください(ご予約にあたっては、ワフパスでの会員登録後に『クリエイターズWEEK in 福岡』限定プラン』をご選択ください)。

さらに!先着10名さま限定! 3連泊以上すれば、1泊分が無料になる連泊特典もあります。平日なら14,000円で3泊できる、このお得な宿泊プランを、ぜひご活用ください(3連泊以上をお申込いただければ、連泊特典は自動適用されます)。

2.人気コワーキングも「クリエイター co-work割」

『クリエイターズWEEK in 福岡』期間中は、クリエイターの皆さんは次の2つのコワーキング施設を優待利用いただけます。市中心部(天神)のエンジニアカフェ(写真上)を無料で優先利用できる他、海を臨む人気のSALT(写真下)を半額(平日の10時~18時利用可。通常2,200円(税込)/日→本プログラム参加者1,100円/日)でご利用いただけます。両施設とも、利用いただける日数には限りはありません。

エンジニアカフェは、市中心部にある国の重要文化財・赤煉瓦文化館(写真)内の施設です。館内には無料で使える大型4Kディスプレイや3Dプリンタ、打合せスペースなど、クリエイションに最適な設備も揃っています。「エンジニアファースト。多様な人とスキルが交わる場所」を合言葉に、先鋭的なチャレンジやスキルの幅を広げることができるよう生まれた施設です。『クリエイターズWEEK in 福岡』の期間中は、参加される皆さんのチェックインポイントとなります。※2月27日(月)は休館日の為、ご利用いただけません。


SALTは、市中心部から電車で約20分の西区・今宿というエリアの、海岸沿いのコワーキングスペース(写真)です。フリーアドレス席、固定席、スモールオフィス、イベントスペースなど、人数や利用目的に合わせたスペース利用ができ、提携している近隣の宿泊施設に滞在しながら長期での利用も可能です。「クリエイターズWEEK in 福岡」期間中は、事前申込いただいたプログラム参加の皆さんは半額(平日の10時~18時利用可。通常2,200円(税込)/日→1,100円/日)でご利用が可能です。なお利用希望の方は、事前の席予約が必要です。

 

▶︎所要2分!イベント参加には事前登録(Peatix)が必要です

 

3.クリエイターと繋がりたい企業がオフィスを開放!「クリエイターズ Meet Upオフィス」

福岡市内のクリエイター応援企業も、『クリエイターズWEEK in 福岡』を強力にサポートします。“壁打ち”してみたいアイデアをお持ちの方・カジュアルにでも在福企業と繋がりたい方との交流に前向きな企業が、自らのオフィス内をクリエイターの皆さんの為のワークスペースとして開放してくれます。

その1つが、事業課題の解決につながるWebシステムの開発を手掛け、オープンソース 国産CMS「baserCMS」のオフィシャル支援企業である株式会社キャッチアップです。おしゃれなカフェや飲食店、古着やギャラリー等が立ち並ぶ福岡市の中心部・大名に位置するオフィス(写真)で、LOVOTが動き回っていたり、音楽が流れていたりと、いつもと異なるクリエイションにTRYしたい方にお薦めです。

なお参画企業は今度も追加となる場合があります。追加時には、Peatixにて改めてご案内いたします。※平日10:30-18:30利用可。このプログラム利用希望の方は、事前の席予約が必要です。またご来社時にはお名刺を2枚頂戴します。

4.「屋台きっぷ」2,200円相当をプレゼント


期間中、「エンジニアカフェ」に来訪のうえプログラム・チェックインをお済ませいただいたクリエイターの皆さんには、市内の屋台(対象15軒)で、計2,200円分のお食事を楽しめる「博多屋台きっぷ」を進呈します。

提携の屋台15軒で使えるこの共通チケット(1枚1,100円)は、 チケット1枚につき、ドリンク+屋台オススメの1品が食べられます。 値段がわからない、どこに行ったらいいかわからない、などの不安を解消して安心して博多屋台を楽しむお得チケットです。対象店舗など詳細については、「博多屋台きっぷ」公式ページをご覧ください。

 

▶︎所要2分!イベント参加には事前登録(Peatix)が必要です

 

5.ウエルカムドリンクが1杯無料!


期間中、「エンジニアカフェ」にてチェックインをお済ませいただくと、ご滞在中に使える「エンジニアカフェ・1ドリンクチケット」を差し上げます。館内のオシャレなcafe&bar「saino」で使えるこのチケットで、淹れたてのコーヒーまたソフトドリンクをお楽しみください(アルコールは対象外です)。※店休日はご利用いただけません。

6. 多拠点生活&移住相談デスクを設置


「クリエイターズWEEK in 福岡」の期間中、コワーキングスペースSALTでは、海を臨むリラックスした空間でクリエイションできるだけでなく、県外からの移住や多拠点生活をお考えの方向けに先輩移住者の紹介や相談に乗ってもらうことも可能です。

福岡を拠点(のひとつ)とする多拠点くらしや移住など、福岡での生活について「福岡移住計画」サポートのもと、カジュアルに相談いただけます。予約制となりますので、希望される方は、事前登録時またはメールにて、リクエストをお願いします。

7. 参加者どうし交流を!クリエイター親睦会


コンパクトシティとしての魅力や、“エンジニアファースト”の街づくりによって、移住や多拠点生活を視野に入れるテレワーカーやクリエイター達の注目を集める福岡。

その「魅力」と「実際」について、2022年に東京から福岡へ移住した先輩エンジニアも交えて“ぶっちゃけ”で語り合えるカジュアルな交流・親睦会を、『クリエイターズWEEK in 福岡』期間中の2月28日(火)に実施します(参加自由。要事前申込。場所等詳細については希望者へ個別にご案内します)。

ぜひこれを機会に、参加者どうし交流しながら、働く・遊ぶだけでない、暮らす街としての福岡についてもお感じになって下さい。

 

▶︎所要2分!イベント参加には事前登録(Peatix)が必要です

 

8. 重要文化財で恋活♪ ふく♡こいマッチングイベント


『クリエイターズWEEK in 福岡』期間中の3月2日(木)、福岡県が運営する「ふく♡こいマッチングイベント」を福岡市赤煉瓦文化館で開催します。このイベントは(福岡県在住の)独身者の方との出会いのきっかけを提供することを目的とした催しで、福岡県が運営します。

1対1トークやグループトーク、ゲーム、連絡先交換タイムなどを予定しており、気軽に楽しく交流できますし、「話すのは苦手」という方はスタッフがサポートしますので安心してご参加ください。予約制となりますので、興味のある方は事前申込チケットをお求め時に「参加希望」の申請をお出しください。

◆開催日:2023年3月2日(木)
◆開催時間:19:00~21:00予定
◆会場:福岡市赤煉瓦文化館(福岡市中央区天神1丁目15−30)
◆参加資格:25歳~39歳の独身の方
◆募集人数:男女各5名 ※福岡在住の異業種の方も参加されます
◆参加費:2500円(予定) ※軽食、アルコール含むフリードリンク付き
◆申込締切:2023年2月21日(火)中

9.抽選で1名様に「Happy Hacking Keyboard(HHKB)」をプレゼント


「クリエイターズWEEK in 福岡」にご参加いただき、事後アンケートに回答いただいた方の中から抽選で1名様に、株式会社PFU様の提供により、大人気の高性能コンパクトキーボード「Happy Hacking Keyboard(HHKB)」をプレゼントします(お好みの機種を選択可)。このキーボードは、プログラムチェックインを行う「エンジニアカフェ」でもお試しいただけますので、ぜひ福岡滞在中にもご活用ください。

 

▶︎所要2分!イベント参加には事前登録(Peatix)が必要です

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
開催概要・チェックイン方法
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆名 称:
クリエイターズWEEK in 福岡

◆期 間:
2023年2月19日(日)~3月8日(水)

◆対象者:
福岡県外にお住いのクリエイター(エンジニア、デザイナー、テック系ライター)の皆さま

◆条 件:
Peatixから「事前申込チケット」の登録をお済ませになること
②ご滞在中「エンジニアカフェ」へご来館・チェックイン(名刺要)いただくこと
滞在応援WEBアプリ「ワフパス」へ無料登録(②と同時でも可)いただくこと

◆利用の流れ:
【ご出発前】
・参加希望の前日までにPeatixより事前申込をお済ませ下さい
・必要に応じ施設予約(宿泊クリエイター割や、SALTの席予約ご希望の場合)をご自身で行ってください

【チェックイン方法/滞在中の楽しみ方】
・ご滞在中に「エンジニアカフェ」へ立ち寄りプログラムチェックイン(2/27休館)
・チェックイン時にチケット(屋台きっぷ、ウエルカムドリンク)をお渡しします
・コワーキングや親睦会などを活用し、皆さんのペースで滞在をお楽しみください
※2月27日(月)は休館日の為、プログラムチェックインができません。

【ご滞在後】
・利用者アンケートへのご協力をお願いします

◆お問合せ:
ご不明点やご相談がございましたら、『クリエイターズWEEK in 福岡』お客様窓口までお気軽にメールにてお問合せ下さい。
MAIL:  workation-fukuoka@2field.jp

◆さいごに:
2022年秋にトライアル実施したこの取り組みに参加したエンジニアらからは「福岡で新たな出会いが生まれた」「エンジニアカフェの大型4Kモニタや高速Wi-Fiが超捗る」「オフタイムに屋台やサウナに行けるから新鮮」…など多くの好評の声を集めており、今回装いを改めて開催の運びとなりました。

福岡県外にお住いのクリエイター(エンジニア、WEB,UI,UXなどのデザイナー、テック系ライター)の皆さま、ぜひクリエイターズWEEK in 福岡へご参加ください♪

Recommend 関連記事はこちら

特集

令和4年度WEB版「福岡検定」(令和5年1月29日(日)開催)受験申込受付中!

令和4年度WEB版「福岡検定」を【令和5年1月29日(日)】に開催いたします。 WEB試験のため福岡にお住まいでない方も受験いただけますので、この機会に福岡のことより深く知って「福岡通」になりませんか? 申込締切は【令和5年1月23日(月)】となっておりますので、皆様からのお申込みお待ちしております。

Magazine

特集

<九州大学 x 福岡市>『学生と共創するSDGsワーケーション』 プログラムにご参加いただける企業…

福岡市では、コロナ禍によるデジタル化の進展や生活スタイルの変化を捉え、仕事をしつつ余暇も充実させる新しい働き方「ワーケーション」の推進に取り組んでいます。 今回、海沿いの美しい景観を有し、国立九州大学伊都キャンパスが立地する福岡市西部エリアをフィールドに、九州大学の学生との交流やSDGsを体感するフィールドワークを組込んだワーケーションプログラムを学生と共同で開発しました。つきましては、本プログラムにご参加いただけるモニター企業を募集いたします。

Magazine

特集

登録者数1,000名を突破!福岡市の滞在をもっと楽しく、便利にできる滞在応援WEBアプリ「ワフパス」…

福岡市と公益財団法人福岡観光コンベンションビューローは、都心部のビジネス環境の良さと郊外部の自然の魅力を活かした福岡型ワーケーションを推進しており、2022年7月より福岡市内でのワーケーションの魅力を更に高め、来訪者の拡大と市内での長期滞在・周遊促進に繋げていくため、ワーケーションフレンドリーパス(ワフパス)の提供を開始いたしております!

Magazine

体験記事

ワーケーション・ブレジャーを通して福岡を攻略するビジネスマンに聞く、”福岡”での働き方と遊び方

関東在住であるものの、福岡で呑むのが大好きで、天神・博多界隈を歩けば良いお店の嗅覚がたつほど、福岡を攻略してきていると言う渡邊さん。 今回は、コロナ禍以前まで毎月のように福岡出張をされていたビジネスマンに福岡でのビジネス展開や魅力について伺いました。

Magazine

体験記事

【イベントレポート】「福岡ワーケーションフェス2022」日本でもっともチルな島”能古島へ。(後編)

新しい働き方、過ごし方が体感できるイベント「福岡ワーケーションフェス2022」。2日目の第二部は博多湾に浮かぶ周囲約12kmの離島、能古島が舞台です。こちらは個人対象のイベントだったこともあり、企業間交流で盛り上がった昨日とはまた一味違う、ボーダレスでゆるやかな時間が流れました。秋晴れの能古島で過ごした一日をレポートします!

Magazine

体験記事

【イベントレポート】「福岡ワーケーションフェス2022」福岡・九州と全国各地の、人と人を繋ぐ。(前編…

秋晴れの10月末、「福岡ワーケーションフェス2022」が実施されました。初日の第一部は企業向けイベントとして海の中道海浜公園、二日目の第二部は個人向けイベントで能古島が舞台。公益財団法人福岡観光コンベンションビューローより「福岡型ワーケーション推進コーディネーター」として委託を受けた株式会社HOnProがイベント運営を担当しました。両日の様子を、前編後編に分けてレポートします。

Magazine

当サイトでは、Cookieを使用して利用者の体験を向上させています。 閲覧を続行する場合は、当サイトでCookieの使用に承諾いただいたことになります。
詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。