【公式】福岡市のワーケーションポータルサイト | W@F(ワフ)

Magazine

令和4年度WEB版「福岡検定」(令和5年1月29日(日)開催)受験申込受付中!

令和4年度WEB版「福岡検定」を【令和5年1月29日(日)】に開催いたします。 WEB試験のため福岡にお住まいでない方も受験いただけますので、この機会に福岡のことより深く知って「福岡通」になりませんか? 申込締切は【令和5年1月23日(月)】となっておりますので、皆様からのお申込みお待ちしております。

令和4年度WEB版「福岡検定」(令和5年1月29日(日)開催)受験申込受付中!

●令和4年度WEB版「福岡検定」概要

・名 称 :令和4年度WEB版「福岡検定」
・試験日 :令和5年1月29日(日曜日)
・試験区分:初級・中級・上級(上級は過去の「福岡検定」中級合格者が対象)
・試験時間:
(初級)受験開始可能時間 10時~11時  受験時間開始後 50分間
(中級)受験開始可能時間 13時~14時  受験時間開始後 50分間
(上級)受験開始可能時間 13時~14時  受験時間開始後 70分間
・試験会場:自宅や職場などで、お持ちのPC・スマホ・タブレット等によるオンライン受験
・申込締切:令和5年1月23日(月曜日)※団体受験の申込受付は終了しました
・申込方法:福岡検定ホームページより申し込み
・受験料 :【個人受験】初級2,600円(中学生以下1,600円)・中級3,600円・上級5,700円
・主 催 :「福岡検定」実行委員会(福岡市・福岡商工会議所・(公財)福岡観光コンベンションビューロー)

※詳細はリンク先「令和4年度 WEB版「福岡検定」受験案内」をご確認ください。

 

●今回のテーマ問題は「海に開かれたまち福岡」

通常の問題に加えて毎年異なるテーマで出題されるテーマ問題。今回のテーマは「海に開かれたまち福岡」。公式ブックや参考文献等の中から、「アジア太平洋博覧会ー89’」が開催されたシーサイドももち地区など海にゆかりのある地域やアジアとの交流にスポットを当てた問題を各級で数問程度出題します。

 

●「福岡検定」は今回で10回目!

福岡市の魅力をより広く、より深く知ることで「福岡通」になっていただこうと始まった「福岡検定」も今回で10回目を迎えます。「福岡検定」をきっかけにもっともっとたくさんの皆様に福岡を好きになっていただけたらと思います。

 

●合格者には「合格者特典」も!

見事合格した受験者の方には合格者特典が贈呈されます!

「福岡検定」公認の「2023福岡おもてなしマイスターバッジ」に加えて、福岡市内の市営・民営の博物館や美術館、観光施設等の入館料や利用料の割引特典やノベルティの進呈、博多ラーメンのお店での玉子や餃子のプレゼント(合格級により異なる)なども。

福岡の知識をさらに深めるための勉強にも、そして福岡を楽しむおでかけの際にも活用できますよ。(特典の詳細や条件については「合格者特典の詳細」をご確認ください。)

 

●詳細情報はこちら

「福岡検定」公式サイト 
令和4年度 WEB版「福岡検定」受験案内

 

●「福岡検定」の公式SNSでも最新情報を配信中!ぜひフォローをお願いします!

「福岡検定」Facebookページ
「福岡検定」Twitter

 

Recommend 関連記事はこちら

特集

<九州大学 x 福岡市>『学生と共創するSDGsワーケーション』 プログラムにご参加いただける企業…

福岡市では、コロナ禍によるデジタル化の進展や生活スタイルの変化を捉え、仕事をしつつ余暇も充実させる新しい働き方「ワーケーション」の推進に取り組んでいます。 今回、海沿いの美しい景観を有し、国立九州大学伊都キャンパスが立地する福岡市西部エリアをフィールドに、九州大学の学生との交流やSDGsを体感するフィールドワークを組込んだワーケーションプログラムを学生と共同で開発しました。つきましては、本プログラムにご参加いただけるモニター企業を募集いたします。

Magazine

特集

登録者数1,000名を突破!福岡市の滞在をもっと楽しく、便利にできる滞在応援WEBアプリ「ワフパス」…

福岡市と公益財団法人福岡観光コンベンションビューローは、都心部のビジネス環境の良さと郊外部の自然の魅力を活かした福岡型ワーケーションを推進しており、2022年7月より福岡市内でのワーケーションの魅力を更に高め、来訪者の拡大と市内での長期滞在・周遊促進に繋げていくため、ワーケーションフレンドリーパス(ワフパス)の提供を開始いたしております!

Magazine

体験記事

ワーケーション・ブレジャーを通して福岡を攻略するビジネスマンに聞く、”福岡”での働き方と遊び方

関東在住であるものの、福岡で呑むのが大好きで、天神・博多界隈を歩けば良いお店の嗅覚がたつほど、福岡を攻略してきていると言う渡邊さん。 今回は、コロナ禍以前まで毎月のように福岡出張をされていたビジネスマンに福岡でのビジネス展開や魅力について伺いました。

Magazine

体験記事

【イベントレポート】「福岡ワーケーションフェス2022」日本でもっともチルな島”能古島へ。(後編)

新しい働き方、過ごし方が体感できるイベント「福岡ワーケーションフェス2022」。2日目の第二部は博多湾に浮かぶ周囲約12kmの離島、能古島が舞台です。こちらは個人対象のイベントだったこともあり、企業間交流で盛り上がった昨日とはまた一味違う、ボーダレスでゆるやかな時間が流れました。秋晴れの能古島で過ごした一日をレポートします!

Magazine

体験記事

【イベントレポート】「福岡ワーケーションフェス2022」福岡・九州と全国各地の、人と人を繋ぐ。(前編…

秋晴れの10月末、「福岡ワーケーションフェス2022」が実施されました。初日の第一部は企業向けイベントとして海の中道海浜公園、二日目の第二部は個人向けイベントで能古島が舞台。公益財団法人福岡観光コンベンションビューローより「福岡型ワーケーション推進コーディネーター」として委託を受けた株式会社HOnProがイベント運営を担当しました。両日の様子を、前編後編に分けてレポートします。

Magazine

当サイトでは、Cookieを使用して利用者の体験を向上させています。 閲覧を続行する場合は、当サイトでCookieの使用に承諾いただいたことになります。
詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。