【公式】福岡市のワーケーションポータルサイト | W@F(ワフ)

Magazine

ワーケーション・ブレジャーを通して福岡を攻略するビジネスマンに聞く、”福岡”での働き方と遊び方

関東在住であるものの、福岡で呑むのが大好きで、天神・博多界隈を歩けば良いお店の嗅覚がたつほど、福岡を攻略してきていると言う渡邊さん。 今回は、コロナ禍以前まで毎月のように福岡出張をされていたビジネスマンに福岡でのビジネス展開や魅力について伺いました。

ワーケーション・ブレジャーを通して福岡を攻略するビジネスマンに聞く、”福岡”での働き方と遊び方

公益財団法人福岡観光コンベンションビューローより「福岡型ワーケーション推進コーディネーター」として委託を受けた株式会社HOnProが、コロナ禍以前まで毎月のように福岡出張をされていた関東在住の渡邊さんに福岡でのビジネス展開や街の魅力について伺いました。

−福岡に来るようになったきっかけは何でしょうか?

5年前、自分たちが開発したクラウド勤怠管理システムのローンチ時に、都市圏のいくつかの街でプロモーションを行いました。福岡に来始めたのはその時からです。

勤怠管理ソフトはどの業種にも必要なので、業種や職種は気にしていませんでした。福岡に営業アプローチしたのは、純粋な市場の経済規模で考えたから。想定ユーザーの数と当社の営業所がない等の条件とあわせて、福岡と決めました。

また、スタートアップの企業に自分たちのシステムを使ってもらいたいという想いもあったので、スタートアップを後押しする文化のある福岡にターゲットを絞ることにしたんです。福岡からムーブメントを作りたくて。

−福岡への出張の目的は何でしょうか?

1番の目的はパートナー開拓です。地方の街ほど対面営業がスタンダードなので、たくさんの企業の方々と出会うことが重要と考えました。あと、個人的にはサーフィンが好きなので、聖地である宮崎へ行きやすいのも魅力でした。(笑)

−福岡に滞在される時は、どんな過ごし方をしていますか?

福岡に来るときは、2,3泊することが多いです。飲むのが好きなので、天神・博多界隈での宿泊がほとんど。パートナー企業の方と飲みに行くことが多いです。東京だと取引先と行くことなんてまずありません。これは福岡のカルチャーだと思います。

また、福岡の方々と触れ合うなかで、僕自身が感じるは、人の垣根のなさです。あまり人との壁をつくらず、フランクな感じがします。前に飲み歩いた時なんかは、隣に座った初対面の人と2軒目、3軒目に行ったこともあるくらいです。(笑)

―働き方についておしえてください。

ノートPCだけで仕事できる環境は以前から整備されていました。コロナ禍の2年前くらいからは、週1回のテレワークが許可されていましたね。当時はコワーキングスペース等でのテレワークの文化はなく、基本的に在宅勤務でした。
ノートPCで会議をするようになったのはコロナ禍からです。それ以前は、会議は対面でした。コロナ禍になってから、一気に非対面が増えたと感じています。

―テレワークとオフィス出社での勤務についてそれぞれのメリットをどのように考えておられますか?

業務内容によりますね。チーム単位でゼロイチを生み出すのは、テレワークだと難しいと感じています。メンバーとのコミュニケーションや企画などは、やはり対面の方がやりやすいです。テレワークで勤怠管理システムを作れるかと言われると、正直無理だと思います。 ただ、一人で淡々と作業するものなら、テレワークの方が効率的で良いですね。業務内容によって、テレワークと出社勤務を使い分けていくのが良いと思います。
コロナ禍によってこれまでの非生産的な部分や、逆に対面だからこそ良かったところも見えたので、それをすり合わせて変えていくのがベストかなと。

―最近はコワーキングスペースが増えてきていますが、どのような魅力があると感じていますか?

コワーキングスペースでは、さまざまな業種の人が同じ場所で仕事しますよね。すると、そこで交流が生まれます。繋がりが生まれてアイデアを交換することによって、会社にイノベーションを起こせる可能性があるのが魅力だなと感じています。

福岡の方々は初対面でも人の壁を作らず、フランクに接していただける方が多い印象なので、福岡は街自体がコワーキングスペースのような雰囲気ですね。(笑)

−最後に、福岡型ワーケーションに期待することを教えてください。

福岡でワーケーション文化を根付かせて欲しいなと思います。ワーケーションを根付かせるには、各企業の制度を変える必要がありますが、スタートアップの多い福岡ならそれが可能だと感じています。「ワーケーションといえば福岡!」みたいになったら面白いなと思います。

Recommend 関連記事はこちら

特集

令和4年度WEB版「福岡検定」(令和5年1月29日(日)開催)受験申込受付中!

令和4年度WEB版「福岡検定」を【令和5年1月29日(日)】に開催いたします。 WEB試験のため福岡にお住まいでない方も受験いただけますので、この機会に福岡のことより深く知って「福岡通」になりませんか? 申込締切は【令和5年1月23日(月)】となっておりますので、皆様からのお申込みお待ちしております。

Magazine

特集

<九州大学 x 福岡市>『学生と共創するSDGsワーケーション』 プログラムにご参加いただける企業…

福岡市では、コロナ禍によるデジタル化の進展や生活スタイルの変化を捉え、仕事をしつつ余暇も充実させる新しい働き方「ワーケーション」の推進に取り組んでいます。 今回、海沿いの美しい景観を有し、国立九州大学伊都キャンパスが立地する福岡市西部エリアをフィールドに、九州大学の学生との交流やSDGsを体感するフィールドワークを組込んだワーケーションプログラムを学生と共同で開発しました。つきましては、本プログラムにご参加いただけるモニター企業を募集いたします。

Magazine

特集

登録者数1,000名を突破!福岡市の滞在をもっと楽しく、便利にできる滞在応援WEBアプリ「ワフパス」…

福岡市と公益財団法人福岡観光コンベンションビューローは、都心部のビジネス環境の良さと郊外部の自然の魅力を活かした福岡型ワーケーションを推進しており、2022年7月より福岡市内でのワーケーションの魅力を更に高め、来訪者の拡大と市内での長期滞在・周遊促進に繋げていくため、ワーケーションフレンドリーパス(ワフパス)の提供を開始いたしております!

Magazine

体験記事

【イベントレポート】「福岡ワーケーションフェス2022」日本でもっともチルな島”能古島へ。(後編)

新しい働き方、過ごし方が体感できるイベント「福岡ワーケーションフェス2022」。2日目の第二部は博多湾に浮かぶ周囲約12kmの離島、能古島が舞台です。こちらは個人対象のイベントだったこともあり、企業間交流で盛り上がった昨日とはまた一味違う、ボーダレスでゆるやかな時間が流れました。秋晴れの能古島で過ごした一日をレポートします!

Magazine

体験記事

【イベントレポート】「福岡ワーケーションフェス2022」福岡・九州と全国各地の、人と人を繋ぐ。(前編…

秋晴れの10月末、「福岡ワーケーションフェス2022」が実施されました。初日の第一部は企業向けイベントとして海の中道海浜公園、二日目の第二部は個人向けイベントで能古島が舞台。公益財団法人福岡観光コンベンションビューローより「福岡型ワーケーション推進コーディネーター」として委託を受けた株式会社HOnProがイベント運営を担当しました。両日の様子を、前編後編に分けてレポートします。

Magazine

当サイトでは、Cookieを使用して利用者の体験を向上させています。 閲覧を続行する場合は、当サイトでCookieの使用に承諾いただいたことになります。
詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。